お知らせ – 環境党公式ホームページ

活動記録・お知らせ

第38回エコピープル勉強会のお知らせin練馬区

[2017年01月07日]

ナージャの村

環境映画上映会

フタバから遠く離れて

その日、町はまるごと引越をした。
故郷から遠く離れた場所で、現在も避難生活を送っている
福島県双葉町民の日常を描いたドキュメント

日時・上映時間

平成29年2月19日(日)
上映開始:午後2時00分~午後5時00分 ※開場:午後1時30分

※交流会含む

場所 練馬区生涯学習センター 2階 視聴覚室
東京都練馬区豊玉北6-8-1
会費 ※参加費無料!申込不要!
問合せ 生涯学習団体/エコピープル勉強会/代表 渋谷誠
電話 090-6197-0524
メール shibuya@jcom.home.ne.jp

第37回エコピープル勉強会のお知らせin練馬区

[2016年12月05日]

ナージャの村

環境映画上映会

アレクセイと泉

ベラルーシ共和国の東部に位置するブジシチェ村。
1986年のチェルノブイリ原発事故で、この村は高濃度の放射能汚染に見舞われる。

日時・上映時間

平成29年1月29日(日)
上映開始:午後2時00分~午後5時00分 ※開場:午後1時30分

※交流会含む

場所 練馬区生涯学習センター 2階 視聴覚室
東京都練馬区豊玉北6-8-1
会費 ※参加費無料!申込不要!
問合せ 生涯学習団体/エコピープル勉強会/代表 渋谷誠
電話 090-6197-0524
メール shibuya@jcom.home.ne.jp

第36回エコピープル勉強会のお知らせin練馬区

[2016年11月16日]

ナージャの村

環境映画上映会

ナージャの村

世界各国で絶賛され多くの賞を受賞したドキュメンタリー映画の傑作!放射能高汚染地域に住み続ける人々を追ったドキュメンタリー!ベラルーシ・ドゥヂチ村。
チェルノブイリ原発事故放射能汚染の影響で強制移住地域に指定され、地図からもその名が葬られようとしている。
多くの人々がこの村を去ったが、一方移住を拒否し故郷に住み続ける人々が居た。8歳の少女ナージャとその家族を写真家ならではの暖かい映像で綴る。

日時・上映時間

平成28年12月4日(日)
上映開始:午後2時00分~午後5時00分 ※開場:午後1時30分

※交流会含む

場所 練馬区生涯学習センター 2階 視聴覚室
東京都練馬区豊玉北6-8-1
会費 ※参加費無料!申込不要!
問合せ 生涯学習団体/エコピープル勉強会/代表 渋谷誠
電話 090-6197-0524
メール shibuya@jcom.home.ne.jp

第35回エコピープル勉強会のお知らせin練馬区

[2016年10月15日]

奇跡のリンゴ

環境映画上映会

奇跡のリンゴ

自然と共存するための知恵と信念にあふれたベストセラー、レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」を映画化!

奇跡のリンゴを食べたことがありますか?/1975年、青森県弘前。リンゴ農家の木村秋則は、妻・美栄子の身体を心配していた。
美栄子は農薬の影響で、数日寝込むこともあったのだ。そんな妻を想い、秋則は無農薬によるリンゴ栽培を決意する。

日時・上映時間

平成28年11月6(日)
上映開始:午後2時00分~午後5時00分 ※開場:午後1時30分

※交流会含む

場所 練馬区生涯学習センター 2階 視聴覚室
東京都練馬区豊玉北6-8-1
会費 ※参加費無料!申込不要!
問合せ 生涯学習団体/エコピープル勉強会/代表 渋谷誠
電話 090-6197-0524
メール shibuya@jcom.home.ne.jp

第34回エコピープル勉強会のお知らせin練馬区

[2016年10月02日]

レイチェル・カーソンの感性の森

環境映画上映会

レイチェル・カーソンの感性の森

自然と共存するための知恵と信念にあふれたベストセラー、レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」を映画化!

「知る」ことは「感じる」ことの半分も 重要ではないのです。――レイチェル・カーソン
著書『沈黙の春』の中で、世界で初めて化学物質の危険性を告発した女性、レイチェル・カーソン。ベストセラー作家としてのキャリアを重ねる一方で、一部のメディアや化学産業からの批判にさらされ、苦難の日々を送っていた。

日時・上映時間

平成28年10月9日(日)
上映開始:午後2時00分~午後5時00分 ※開場:午後1時30分

※交流会含む

場所 練馬区生涯学習センター 2階 視聴覚室
東京都練馬区豊玉北6-8-1
会費 ※参加費無料!申込不要!
問合せ 生涯学習団体/エコピープル勉強会/代表 渋谷誠
電話 090-6197-0524
メール shibuya@jcom.home.ne.jp